未分類

サラフェの使い方について

更新日:

サラフェの使い方について

サラフェの使い方について
汗は体温調節のために出てくるものですから、それを無理やり抑えるのは健康のためにもよくないといわれます。

しかし、気候や運動の有無に関係なく、汗が出過ぎて困っている人もいます。

この場合は体温調節とは関係ありません。体質的に大量の汗が出てしまう多汗症といわれる症状です。このような時はどうすればよいのでしょう?

ぜひサラフェを試してみて下さい。

サラフェは口コミで評判の制汗剤。特に顔汗の対策にはとてもおすすめの商品です。

手軽に顔汗を抑える効果があり、副作用の心配もありません。

女性の場合、顔汗が出ると最も困るのは化粧崩れでしょう。

体温調節のために出てくる顔汗は水のようなもので、ハンカチをファンデの上からおさえればとりあえず問題はありません。しかし多汗症による顔汗の場合は粘り気を含んだベタベタな液質なので、化粧崩れも起こりやすいのです。

その対策に役立つのが、サラフェというわけです。

使い方は簡単。サラフェを化粧の下地のような感じで顔全体になじませ、普段通りのメイクをするだけで対策完了です。

特に化粧崩れが気になる部位があるなら、サラフェを重ね塗りしてください。

これだけで、化粧崩れをかなりの程度防いでくれます。

昼や夕方のメイク崩れも同様です。気になったら、お化粧の上からサラフェを重ね塗りしましょう。

メイク前に化粧下地のように使うこともできますが、メイクしたあともその上から使用可能なんです。どんなときにでも使えるというのは気軽で助かります。

その上、サラフェは肌に優しい成分だけを配合しているので、どんな肌質の人でも安心です。

女性ばかりでなく顔汗に悩む子供さんにも使え、同じ効果を発揮します。

妊娠中・授乳中の方も使用して構いません。

サラフェの配合成分

サラフェに配合された高純度パラフェノールスルホン酸亜鉛は発汗抑制に役立つ物質で、汗・水分に素早く反応、汗の分泌をおさえる働きがあります。薬用成分として確実に効果があると公に認められています。

実際、高純度パラフェノールスルホン酸亜鉛の塗布で発汗量が5日間で40%も減ってしまうという試験結果が報告されています。

この成分のせいで、サラフェを使っていると汗の量が減ったという実感が得られるのです。

あと、和漢シャクヤクエキスや茶エキスなども配合されていて、顔汗の原因とされる女性ホルモンのバランスを整え、ストレスを緩和、身体の内側からも汗をかきにくくしてくれます。

サラフェは扱いやすいジェルタイプで伸びがよく、肌になじみやすくなっています。

サラフェの使い心地

サラフェはとても柔らかく、伸びやすく出来ています。

もともとは白色なのですが伸ばすと透明になり、使い心地もベトベトせずにサラッとしています。

メントール配合なので、塗ってしばらくはひんやりとした感触が続き、気持ち良くメイクする事が可能です。

また夏はハンカチで汗を拭き取るため、かえって乾燥肌になってしまうといわれています。サラフェには整肌成分(芍薬エキスなど)や、保湿成分(ヨクイニンエキスなど)も入っていて、お肌がしっかり保湿されている感覚が味わえます。

サラフェの使い方は簡単。パール粒ほどのジェルを絞り出し、顔全体に伸ばしていけば完了です。落とす時は普通の洗顔フォームで洗い流してください。

-未分類

Copyright© 『本当に効いた!サラフェの口コミ・効果まとめ』 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.