サラフェ

サラフェの副作用について

投稿日:

サラフェの全成分は?

サラフェの全成分は以下のようになっています——

パラフェノールスルホン酸亜鉛、シメン-5-オール、架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物、ジメチコン、シクロペンタシロキサン、架橋型ジメチコン、PEG-9 ポリジメチルシロキシエチル ジメチコン、メチルハイドロジェンポリシロキサン、セリサイト、架橋型シリコーン、網状型シリコーンブロック共重合体/精製水/塩化Na、エタノール、クエン酸Na、フェノキシエタノール、BG、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、柿タンニン/炭酸水素Na/炭酸Na、ヨクイニンエキス、ワレモコウエキス、茶エキス-1、シャクヤクエキス、メントール

サラフェに副作用はある?

サラフェを塗っていて、敏感肌の人に赤みやかゆみは生じないでしょうか?

敏感肌を刺激してしまう添加物の代表が、パラベンなどの保存料や防腐剤です。また、合成香料、合成着色料なども肌に負担をかけ、トラブルの原因となります。

サラフェは肌のデリケートな人のことを考慮し、合成香料、合成着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベンなどの添加物を一切使っていません。

敏感肌の人が使っても安心です。

サラフェはストレス性の発汗にも対応

汗というのは、単に暑さを感じた時ばかりではなく、緊張やストレスの影響でも分泌されやすくなります。大勢の人の前で話をする時や恐怖を感じた時など、発汗量が増えた経験をしている人も多いはずです。

サラフェでは、暑さによる発汗の抑制用にパラフェノールスルホン酸亜鉛を配合していますが、緊張性・ストレス性の発汗へ対応するため、和漢シャクヤクエキスとアロマ成分という天然由来の物質を加えています。

乱れたホルモンバランスを和漢シャクヤクエキスが正常化しつつ、アロマが精神にリラックス効果をもたらします。このことで体と気持ちを落ち着かせ、発汗作用を抑制していくのです。

サラフェの体験談

友人からすすめられて、はじめてサラフェを購入。さっそく使ってみました。

チューブからまず手に。美しい光沢を帯びたクリームです。鼻を近づけると、ミントの香りがほのかに漂います。

すぐに顔に塗布。つけるところは、おでこ、こめかみ、あごのラインです。いずれも汗が多くて困っているところばかり。

「発汗量が多い部位は念入りに付けてみて下さい」と公式サイトにも書かれていました。

試してみた結果、すぐに効果が実感できました。

いつもは何枚も用意しなければならないハンカチも、この日はたった1枚使っただけです。顔の発汗がこれだけ抑えられるなんて信じられません。

そして続けて1週間使っているうち、顔汗はますます減っていきました。

もちろん顔汗がストップしたというわけではありません。あくまで「気にならなくなった」程度です。

薬剤を使って汗が止まるなんてかえって怖ろしいことです。こんな風にある程度汗が出ているのに平気というのが理想的でしょう。

こうなると不快感もなく、それにともなうストレスも減るため、さらに汗が抑えられます。

サラフェの効果には本当に驚きました。

-サラフェ

Copyright© 『本当に効いた!サラフェの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.